プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

5周年記念自画像展へのお誘い

在林館は2017年10月に開館5周年を迎えます。
それを記念する自画像展を企画いたしました。
会期は9月7日から11月16日まで。
どうぞどなたでもご参加ください。

鉛筆、色鉛筆、クレパス、油彩、水彩、水墨画、版画、貼絵、、、
はがき大からA4サイズ位まで、どうぞご自由に。
額装など、展示できる形にしていただければ幸いですが
在林館におまかせくださっても結構です。
作品は展示終了後にお返しいたします。

開館日にお持ちくださる場合は7月中に。
在林館は8月は夏休みになります。
郵送の場合は8月の半ばまでにお願いします。

この通信でのお知らせが遅くなりましたが
どうぞご参加くださいますよう。
初めて描いてみようという方、大歓迎です。
お待ち申しあげております。

「水彩ふたり展」開催中

在林館開館5周年を記念する「水彩ふたり展」。
6月8日から15日までの毎日開館中には
たくさんの方々がご覧くださいました。

南室はいのうえすみこ“旅の風景”・うえだゆきこ“庭の風景”
北室はふたりの“音楽の風景”。
7月末まで、水彩画の細やかな風景を味わっていただけます。

水彩南室
水彩南室2
水彩北室


羽根木の防災マップ

5月までの企画展「羽根木のまちの防災展」の目標だった
まちの防災マップができました。
防災座談会でいろいろなまちの取り組みを学び
防災マップはそのまちの防災活動に連動してこそ
意味あるものになることを学びました。
いろいろな情報を一つに集約するという当初の目標を
踏まえつつ、マップの範囲を決め
住民にとって必要な情報をまとめたつもりです。

今後もバージョンアップしていきたいと思います。

防災マップ

「水彩ふたり展」を始めます

6月1日から、在林館開館5周年記念「水彩ふたり展」を始めます。
ふたりの水彩画家、いのうえすみこ・うえだゆきこ両氏は
在林館での月に一度の講評会で研鑽を積んできました。

雰囲気の異なる2室でのふたりの水彩画をお楽しみください。
ROOMⅠ 旅の風景(いのうえ)・庭の風景(うえだ)
ROOMⅡ 音楽の風景(いのうえ・うえだ)

なお、6月8日から15日は毎日開館します。
水彩ふたり展チラシ

「まちの防災座談会」報告

5月6日の午後、まちの防災についての座談会を開催。
狭い場所に多くのみなさまのご参加をいただきました。

各地の特徴ある活動は、それぞれの土地柄を踏まえ
努力を積み重ねてこられたもので、大いに感心しました。
小さなことでも、できることから、羽根木のこれからに
生かしていきたいものです。

当面の目標である羽根木の防災マップ作成についても
羽根木にとって意味のあるマップはどのようなものか
再考しつつ、情報をまとめていきます。

新代田まちづくりセンターでまとめられたばかりの
地区防災計画をご紹介いただきましたが
現状把握と課題整理を踏まえて「計画」はこれからとのこと。
多面的なとりくみの要の役割を期待したいと思います。

座談会風景
座談会風景2