プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

まちの防災座談会

「羽根木のまちの防災展」は町会、消防団、北沢地域の防災担当そのほか
いろいろな方にご協力いただきながら、展示内容進化中。
防災マップにも各種情報を書き込み中です。
これまで見えなかったものが見えてきました。完成にはまだまだですが。

5月6日(土)14:00から15:30まで
<まちの防災座談会>を開きます。
羽根木町会長、新代田まちづくりセンターの防災担当の方、民生委員の方
各地でまちの防災活動をされている方々がいらしてくださいます。
どなたでも、どうぞ、ご参加くださいますよう。

防災展示風景
防災マップ

2017雛まつりご報告

在林館の今年の雛の展示が終わりました。
3月2日にはささやかな雛祭りお茶の会を開きました。
上保照代さんから、昔1年をかけて作られた五段飾りの雛たちや
戦時閉店する白木屋で手に入れ大事にしてこられた子守姿の御所人形のお話
また、立ち雛の衣の文様が松と藤であることなども教えていただきました。

ひな祭り茶会
5段飾り子守人形

「羽根木のまちの防災展」を始めます

今年も3月11日が近づきました。
羽根木は火災危険度の最も高い地区とされています。
どのように危険なのか、防災対策はどうなっているのか
その役割を担っている町会についても学びながら
情報を総合化して「防災マップ」を作成します。
防災展チラシ

「お正月展」延長と「雛祭り」と『人生フルーツ』

「お正月いろいろ」展を3月2日まで延長します。
2月19日からはお正月道具を雛飾りにかえていき
2月26日からは上保照代さんが作られた三段飾りのお雛さまも展示します。

最終日の3月2日には、16時ころに上保さんにおいでいただき
お茶を飲みながら、振袖やひな人形にまつわるお話をうかがいます。

ひな人形2016
これは昨年3月の「あとみよそわか展」のときの雛飾りの一部です。
津端修一さんの「毎日が小春日和あとみよそわか」ということばを
テーマとした展示でした。

その津端さんご夫妻の暮らしと思想を伝える映画『人生フルーツ』が
多くの方の共感を集めているのはうれしいことです。

三井家令嬢の5ツ紋中振袖

「お正月いろいろ」展の中心、三井家令嬢振袖は見あきぬ美しさ。
紺色を帯びた紫の色合い、優美な花喰い鳥の姿や花の刺繍。
「これを拝見できただけで満足」とのご感想をいただいています。
珍しい「桐の変わり紋」は三井家のどなたのものでしょうか。
三井記念美術館にお尋ねしています。

三井家振袖
重箱半襟