プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

5月5日開館と「戦争の時代」座談会

5月5日(土)特別開館します。14:00-18:00
14:00-15:30には「戦争の時代」についての座談会を開きます。
羽根木周辺の状況を中心に、当時のお話をうかがいたいと思います。
連休のさなかですが、どうぞご参加ください。

戦争の時代展示風景
現在の展示テーマは
<羽根木の戦争の時代>戦災消失地域や焼夷弾被害など
<守山小学校の戦争の時代>疎開の前後や疎開地からの手紙など
<三和町の戦争の時代>営団住宅の誕生や絵本の中の戦争など
<在塚寅二郎の戦争の時代>ミッドウェイなどを経て戦艦羽黒撃沈後復員

「戦争の時代展」を始めます

2018年4月5日(木)から「みる・きく・かたる:戦争の時代展」を
始めます。
先の戦争の時代を生きた人々の思いや暮らしを感じ取るために
まちに残された手記・日記・手紙・写真・遺品などを展示します。
また、期間中に体験談などをうかがう機会を設ける予定です。

戦争の時代展チラシ

ふたつの集まり

2018年2月16日(金)在林館は午前と午後
ふたつの集まりでにぎわいました。
狭すぎるスペースが心配でしたが
午前の「地域共生のいえ」オーナーズ会議では
それぞれの「いえ」の多彩な魅力が課題とともに語られ
午後の「地域共生のいえツアー」では
これから「いえ」や「庭」を開こうという方々の熱意が行きかい
いい一日になりました。

オーナーズ会議

雛と雪

2018年も明日は立春を迎えます。
小さな雛たちは春を待っていますが
まだ冷たい空気と雪が残っています。

この愛らしい木目込みのお雛さまは
日本橋十軒店町の御雛人形司永德齋の作。
それぞれの笑みがほんとうに“みなうつくし”。
永徳齋の雛
2018雛風景

2018雪風景2018雪風景2



「小さきものたちの春」展

あけましておめでとうございます。
2018年最初の企画展「小さきものたちの春」展を始めます。

ご近所(在林館のある旧代田橋分譲地内)にお住まいの
滝佐和子さんが幼いころにおままごとにも使われたという
“紀州のお殿様”のものだったと伝えられるお雛様を中心に
小さきものたちを展示します。

“なにもなにも小さきものはみなうつくし”とは
枕草子の一節です。

小さきものチラシ