FC2ブログ
プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

8月は夏休み

「土田喜久代の絵の世界」展は7月末で終了しました。
おかげさまで、たくさんの絵が旅立ちました。
あとは、できるだけ在林館蔵とさせていただき
次の出会いを待つことにいたします。

最後の展示

展示替えと会期延長のお知らせ

「土田喜久代の絵の世界ー白寿展拾遺」は好評につき
7月25日(木)まで会期延長いたします。

お気に入りの作品をお買い上げいただいたおかげで
新たな作品を追加展示することができました。
大きめの風景画とともに、小さめの人形や花の絵など
どうぞお楽しみくださいますよう。

また、喜久代さんの絵は、医療や福祉のケアの場を
より居心地のよいものにしてくれるのではないかと考え
よろこんで寄付させていただきたいと思っております。
どうぞご覧になってください。

yrnnjigaeIMGP9385_convert_20190620114559.jpg
展示替え

5月の在林館

在林館には今、風景画、静物画など50点ほどの力作が並んで
まさに、「土田喜久代の絵の世界」となっています。
連休中は5月3日(金)も開館いたします。

また、在林館では珍しいことですが、お気に召した作品を
お譲りすることもできます。

土田作品風景1
土田作品風景2
土田展示風景4

白い花たち、ヒメリンゴに次いでハナミズキが満開
そして、いよいよモッコウバラの季節です。
もっこうばら

「土田喜久代の絵の世界」展を始めます

2019年4月4日から6月27日まで、企画展「土田喜久代の絵の世界
ー白寿展拾遺」を開催いたします。

2013年11月にご家族が在林館で開かれた「土田喜久代油彩画展
ー白寿を迎えて」は多くの方々の好評を博しました。
2018年1月、喜久代さんは103歳で天寿を全うされ、あとに100点を超える
作品が残されました。
それらの作品を、ご家族のご協力を得て展示いたします。

なお、5月3日は開館、6月6日は休館いたします。

白寿展拾遺チラシ

雛仕舞/白い花だより

在林館の今年の雛の主役
京都の大木平蔵作(大正15年3月という年代から四世作と推察)
の内裏雛は3月21日まで展示します。
時の摂政の宮(のちの昭和天皇)の装束と伝えられるとおり
天皇のみに許される黄櫨染(こうろぜん)の袍をお召しです。

在林館の白い花たち。
ウメは散りましたが、ワビスケはまだちらほらと咲き
ジンチョウゲがいい香り。アシビは急に満開。
スノードロップも咲き始めました。
コブシはまだ堅いツボミというのに次々にヒヨドリが落としていきます。
今年加わった小さなアーデンベルギアが元気に育ちますよう。