FC2ブログ
プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

懐かしい写真

「代田橋分譲地文化祭」には、分譲地のみなさまから
懐かしい写真、貴重な写真を出品していただいています。

中の道・1955
これは守山小学校のPTA会長も務められた、故森口勝造氏が撮影された
昭和30年の分譲地の中の道。遠足の朝ですね。澄んだ空気。
舗装されていない道、ドブ、木の電信柱、大谷石の擁壁と生垣。
正面の三角屋根は洋画家のアトリエ。昭和初期に活躍した建築家、山田醇の
設計です。

文化祭・南室
文化祭・北室


9月からの企画展は「代田橋分譲地文化祭」

在林館が所在する「代田橋分譲地」は
世田谷区における昭和初期の典型的住宅地とされています。

2018年9月6日から、ここで「まちの文化祭を開きます。
分譲地の当初の住まいや暮らしの文化を探るとともに
分譲地の人々が大切にしてきたものや自身の作品を
持ち寄っていただいて、楽しい文化祭にしたいと思います。
文化祭チラシ縮小

今年も8月は夏休み

「戦争の時代展」は7月末で終了しました。
展示にご協力くださったみなさま
熱心に展示をご覧くださったみなさま
ご自身の体験をお聞かせくださったみなさま
まことにありがとうございました。
なんらかのかたちで記録を残すべく作業中です。

8月は夏休み。
9月からは久しぶりに在林館のある旧代田橋分譲地を
テーマにした企画展をしたいと準備中です。
猛暑が鎮まる鎮まることを念じつつ。

「戦争の時代」座談会

今年はこどもの日に開館し、座談会を開きました。
小さな在林館がいっぱいになりました。

子ども時代、少年少女時代に戦争を体験されたみなさまは
鮮明な、忘れ難い経験を共有しておられて
ひとりの方が軍歌を口ずさめば、すぐにみなさま唱和されました。

大阪大空襲で命からがら逃げのびられたり
広島から原爆投下の直前に転出されて多くの級友をなくされたり
という厳しい体験を聞かせていただきました。

在林館の周辺は、4~5軒に1軒という焼夷弾落下密度ながら
なんとか焼失は免れたものの、近隣での米軍機撃墜や
東松原、代田橋など駅周辺の建物疎開の記憶も語られて
ここもまた戦場だったと感じられました。

残されている手紙や日記をもっと読みこんで
まちの様子や人々の体験を記録していく意欲が湧きました。
座談会にご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

戦争の時代座談会

5月5日開館と「戦争の時代」座談会

5月5日(土)特別開館します。14:00-18:00
14:00-15:30には「戦争の時代」についての座談会を開きます。
羽根木周辺の状況を中心に、当時のお話をうかがいたいと思います。
連休のさなかですが、どうぞご参加ください。

戦争の時代展示風景
現在の展示テーマは
<羽根木の戦争の時代>戦災消失地域や焼夷弾被害など
<守山小学校の戦争の時代>疎開の前後や疎開地からの手紙など
<三和町の戦争の時代>営団住宅の誕生や絵本の中の戦争など
<在塚寅二郎の戦争の時代>ミッドウェイなどを経て戦艦羽黒撃沈後復員