プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリートーク「まちを語り継ぐこと」

2013年8月17日(土)
初めてのトークイベントは、小さな在林館にほどよい
8人の集まりになりました。おふたりのゲストスピーカ
はじめ、ご参加のみなさま、ありがとうございました。

映像とともに語られたおふたりのメッセージを、
勝手に、ぐっと短縮してご報告いたします。
「まちを語り継ぐこと」は、まちへの誇りや愛着を育み、
かけがえのないまちづくりを支えるだけでなく、
人とまち、人と人をつないでいくものであることに
気づかされ、力づけられました。

水沼淑子さん:
 時を経た湘南地域の洋館を実測し、住人に語っていた
だいて記録に残している。ひとつの住まいの歴史はまち
の歴史も物語る。まちに住む若者を巻き込むことで活動
が継続していく。住まいを記録する活動は、その住まい
の魅力を地域の人と分け合うこと、さらに、住まいを地域
に開くことにつながっている。
 どういうまちにも語り継ぐべきことはある。小さくても、
語り継ぐよすがとなるものが残るといい。また、まちの歴
史を伝える場が各地にできるといいと思う。若い世代も含
め、歴史的な価値を理解する人が増えていることに期待
をもつ。

加藤仁美さん:
 住民も建物も流動的な代官山のようなまちであっても、
まちの歴史を掘り起こして共有することが、よりよい変化
のための力になっている。歴史的建物が保存され、世代
を超えたまちづくり活動や、住民の新たな居場所が生ま
れている。まちの時代的変化をたどるツアーは若者にも
人気である。
 50年ほどを経た団地では、高齢化に応じたコミュニティ
形成の取り組みが進み、語り継いでいくべきことが生まれ
ている。ここでも若者の活躍の場をつくっている。まちの
時間と自分の時間を共有できることが幸せにつながる、
そんなまちをつくっていきたい。







Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。