プロフィール

在林館

Author:在林館
在林館(ありりんかん)は、住まいの一部をまちに開いた小さなギャラリーです。
企画展を基本としますが、貸しギャラリーや集会室(句会、朗読会など)にもお使いいただけます。
末永く、地域のみなさまに訪れていただける場所にしたいと思います。

詳しくはご利用案内をご覧になるか、
aririn-kan@hotmail.co.jpまでお問い合わせください。

*在林館*
世田谷区羽根木2-34-4
03-3321-0530

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリートーク

風薫る土曜日の午後のギャラリートーク
小さな在林館は、お客様で満席になりました。

旅の中で収集した絵葉書を、専用アルバムを購入しながら
その場で日記を書きこんでいった在塚喜友。
帰国してから、家族に送った絵葉書や収集した絵葉書を
美しい12冊の専用アルバムにストックした森本光太郎氏。
森本氏が原稿用紙に綴られた貴重な滞欧日誌からは
日々の暮らしぶりやお人柄を偲ぶことができます。

海軍からの出張で、日程も組まれていた前者と
仕事のための出張とはいえ、単身、手探りの旅をした後者では
その後の生活での西欧文化の受け入れ方にも違いがありました。

それにしても、第1次大戦後のこの時代の絵葉書は
風景や災害や労働や祭りや美術や衣装などを伝えてくれる
多様で、美しく、さまざまな関心にこたえうる大切な遺産です。
どのように後世に伝えていくか、課題が残されました。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。